埼玉の自然の中で眠る樹木葬

緑に囲まれた埼玉の樹木の下で眠りたい、継承者がいないといったことから永代供養となる樹木を墓標とし遺骨を埋葬する樹木葬を選ぶ人が多くなっています。

T-SITEに関するお役立ち情報サイトです。

樹木葬は、埼玉に限らず永代供養が基本され、里山型と公園型があります。
その中でも一人ひとりの個別の区画と合同区画があります。

樹木葬は、従来の様に、骨壺を使用せず遺骨をそのまま埋葬する場合が多いのです。
里山型は、公園型に比べてより自然の地形や緑をできるだけ多く取り入れていることで、豊かな自然があります。里山型を希望するときには、埼玉に限らず季節ごとに変わる周囲の情景、新緑とか紅葉、葉を落とした木々の様子などを合わせて見学することです。一般に公園型は、一面に芝が敷き詰められていることが多く冬の季節でも殺風景な光景はないのですが、芝の管理が十分でないと良好な景観を維持できないのです。公園型の多くは、なだらかな平坦地にあって交通の便も比較的良いのが特徴です。

現地の駐車場の広さや樹木葬までの距離や、歩道の整備状態日当たり、休憩場の有無などを確認するために、実際に見学するとともに管理運営者を訪ね納得するまで詳細に確認することが必要です。

合同区画である時にはどのような樹木のまわりに埋葬されるかを確認します。

生前に購入するとお寺や管理者から解放が送付され場合が多く、定期的な交流イベントなどが開催されます。これらの樹木葬にかかる費用は地域によって違いがあり、また、合同かどうかによってもかなり異なります。



一般的には、里山型より公園型の方が費用が安く、また、合同区画より個別型の方が高くなる傾向があります。


費用としては埋葬権利費、墓地区画使用料、墓標費、永代供養料などが含まれます。